花粉症 対策 食べ物

花粉症対策【症状軽減から体質改善・根本治療まで】秋の花粉症にも!

花粉症対策の食べ物は?

花粉症対策,食べ物

花粉症は、体の免疫機能が過剰に反応してしまうことが原因で起こるアレルギー症状です。

 

このアレルギー反応は、粘膜細胞が弱っていることも関係しているのだとか。花粉は鼻や口といった粘膜から入り込みますから、とにかくそこを強くしてあげることが重要となってきます。

 

 

最近の日本人は、食生活の欧米化のせいで栄養バランスが崩れています。しっかりと栄養のある食事を摂ることで、粘膜を強くすることができるでしょう。

 

ムチンという成分には、花粉によって粘膜が炎症を起こしてしまうのを抑える働きがあるそうです。消化管や気管支、鼻の粘膜の表面を、細菌等から保護してくれる働きもあります。これはオクラや納豆、モロヘイヤ、なめこ、山芋といった粘り気の多い食材に含まれています。また、れんこんにもふくまれています。

 

きのこ類にはβグルカンという成分がたくさん含まれていますが、これには粘膜を強くし免疫力を高める働きがあります。きのこはどんな料理にも使いやすいですから、食べやすいですよね。

 

緑黄色野菜に含まれるβカロチンも、粘膜の強化に最適らしいです。特に人参にはβカロチンが多いですよ。ほかにも、緑黄色野菜には小松菜、ほうれん草、ブロッコリーといったものがあります。

 

レバーにはビタミンAが多く含まれています。粘液の代謝を良くしてくれる働きがあり、さらにはビタミンB2も含まれているため粘膜を正常に保ってくれるのです。

 

味噌のような発酵食品にはアレルギーの働きを抑える働きがあります。さらに大豆は粘液を強くしてくれるそうなので、お味噌汁を毎日飲むように心がけると良いでしょう。

 


こちらも参考にしてみてください!

花粉症改善マニュアルランキング


 

タグ :  

花粉症ガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る