花粉症 時期 いつまで

花粉症対策【症状軽減から体質改善・根本治療まで】秋の花粉症にも!

花粉症の時期はいつまで?

花粉症,時期

花粉症に悩まされている人にとっては、その辛い症状がいったいいつまで続くのか、知りたいと思うのではないでしょうか。

 

花粉には種類がいくつかありますし、地域によっても飛散する時期や量は異なってきます。

花粉症で一番多くの人が悩まされているのは、スギ花粉だと思います。

 

北海道と東北地方では、だいたい3月の中旬から下旬にかけて、スギ花粉のピークとなります。関東、東北、近畿では3月いっぱい、中国、四国、九州では2月下旬から3月中旬がピークとなるようです。

 

ただ、人によってはスギ花粉以外の症状にも悩まされるはずです。自分がどの花粉にアレルギーを持っているのか、病院で血液検査をしてもらって把握しておくといいでしょう。

 

イネやブタクサ、ヨモギといった花粉は、スギと比べると飛散量は圧倒的に少ないです。しかし、これらの花粉症状に悩まされている人は、なるべくこれらの植物があるところには近づかない方がいいですね。

 

ネズの木の花粉に悩まされる人も、まれにいます。これは3月上旬から6月中旬くらいがピークです。

 

次にカバノキ科の花粉ですがこれは1月上旬から6月中旬と、かなり長い間飛散します。

 

ブナ科のコナラやクリは4月上旬から6月下旬、イチョウは4月上旬から5月下旬、ケヤキは4月上旬から5月下旬、マツは4月中旬から7月上旬、そしてオリーブは5月中旬から6月下旬くらいがそれぞれピークとなっているようです。

 

しかし、それぞれの年の気温によっても、花粉が飛散する時期というのは多少ずれてきます。毎年小まめにネットを使ってチェックすると良いかもしれませんね。

 


こちらも参考にしてみてください!

花粉症改善マニュアルランキング


 

タグ :  

花粉症ガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る