花粉症 ヨーグルト 食べ方

花粉症対策【症状軽減から体質改善・根本治療まで】秋の花粉症にも!

花粉症に効くヨーグルトの食べ方

花粉症,ヨーグルト

花粉症と言えば、ヨーグルトが良く効くと言われていますよね。しかし、間違った食べ方をしていると、なんと花粉症にはまったく効果がないのだそうです。

まず、どうしてヨーグルトが花粉症に良いのかと言うと、それは乳酸菌に整腸作用があるからです。

 

腸内環境が整い、それによって体の免疫力が高まります。するとアレルギー症状も緩和されるのです。また、Th1、Th2といった免疫細胞がバランスを崩すことでアレルギー症状を引き起こすとも言われており、乳酸菌の中にはこれらのバランスを改善してくれる働きがあるのだそうです。

 

 

アレルギー全般に効果が期待できるものですので、花粉症以外にも、アトピー性皮膚炎の人などもヨーグルトを食べると良いでしょう。

 

しかし、食べたからといってすぐに効果を期待できるわけではありません。花粉症の時期だけたまにヨーグルトを食べる、という人もいるかもしれませんが、食べてからわずか数時間や数日で、効果が表れるわけではないのです。

 

ヨーグルトの本来の目的は体質改善です。体質改善には時間がかかります。毎日継続的にヨーグルトを食べ続けることによって、徐々に免疫バランスが整って活性化してくるのです。

 

しかし、365日食べ続けるのも大変ですよね。せめて、花粉症の症状が現れる2週間から4週間くらい前から食べ始めてみてください。つまり、花粉が飛来する前からですね。ただ、人によっては効果を感じるのに半年くらいかかるのだとか。

 

また、プレーンヨーグルトを食べる際、砂糖はNGです。ビタミンBなどが減少してしまうので、はちみつや黒砂糖で食べましょう。さらに、ただのヨーグルトでなく、「活きた乳酸菌が腸まで届く」という物を選ぶようにしてください。

 


こちらも参考にしてみてください!

花粉症改善マニュアルランキング


 

タグ :  

花粉症ガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る